1. TOP
  2. 釣り方
  3. 磯釣りと投げ釣りの違いって?道具や釣れる魚の違いとは

磯釣りと投げ釣りの違いって?道具や釣れる魚の違いとは

 2018/08/24 釣り方  

海釣りは気軽に楽しめる老若男女を問わない趣味と言われています。

私も実際に始めてみようと思いましたが、全くの初心者だったので、海釣りに詳しい人にどのような道具を揃えればよいか尋ねてみました。

すると最初に聞かれたことが磯釣りなのか投げ釣りなのか、ということでした。

磯釣りと投げ釣りの違いについて

磯釣り 投げ釣り 違い

その違いがよく判らなかったので詳しく尋ねてみると、磯釣りとは文字通り防波堤やテトラポッドの上などの磯で行う釣りのスタイルで、ある程度の長さがあれば竿の長さにはこだわらなくてよいことや、狙っている魚によって仕掛けが違うとの説明でした。

一方の投げ釣りは、5メートル前後長い竿を使うこと、仕掛けを遠投して沖や深場にいる魚を狙うスタイルの釣りで、主に砂浜から行うとのことでした。

釣れる魚の種類も異なり、磯釣りではグレやチヌ、石鯛、イサキなどを狙うのが主流で、投げ釣りではキスやカレイ、ハゼなどが狙い目だそうです。

いろいろ考えた結果、一度に双方の道具を揃えるのは難しいので、まずは投げ釣りに挑戦することにしました。

私が揃えた道具

揃えた道具は4メートルの投げ竿と専用リール、1号のラインと遊動天秤、おもり、キス用の針です。

その他にも釣り上げた魚を入れるバケツや、危険な魚を釣り上げたときに掴むハサミなど、総額で2万円近くかかりました。

これらの道具を購入しようとしたところ、お得用コーナーに「初めての磯釣りセット」という商品があり、竿からリール、仕掛けなど一式がセットになっているものが3千円程度であったため、それも一緒に購入しました。

釣れた魚

出かけた先は千葉の房総で、同行のベテランから指導を仰ぎつつ砂浜から投げてみたところ、最初の一投で見事に20センチほどのキスを釣り上げることができました。

結局3時間ほど楽しみましたが、釣果はキス8匹と小型のカレイ1匹、アイナメ1匹と、思った以上の釣果を上げることができました。

鱚

これで止めるつもりでしたが、せっかく持ってきたので港で磯釣りセットも使用してみようと思い、仕掛けをセットして足元に垂らしてみたところ、小型のアジが鈴なりに釣れてびっくりしました。

サビキという仕掛けだったのですが、わずか30分ほどで10匹ほどの釣果となり、初めての釣りにしては大漁で大満足でした。

しかし、ベテランに言わせるとまだまだとのことで、上達すればこの3倍以上の釣果が狙えるようです。

帰宅してから釣った魚をさばくのに時間がかかりましたが、自分で食べ切ることができるこのくらいの量がちょうどいいのかな、と感じた初釣り体験でした。

\ SNSでシェアしよう! /

磯釣りマガジンの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

磯釣りマガジンの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 磯釣りの根掛かり解消法!無理に竿を立てるよりも効果的な方法とは

  • これだから磯釣りはやめられない!磯釣りにある3つの魅力

  • 激うま!磯釣りでしか味わえない磯の高級魚3選とその釣り方

  • 磯釣りで魚が釣れなかったときに、再度確認したい3つのこと