1. TOP
  2. 釣り方
  3. 磯釣りの根掛かり解消法!無理に竿を立てるよりも効果的な方法とは

磯釣りの根掛かり解消法!無理に竿を立てるよりも効果的な方法とは

 2018/10/10 釣り方  
磯釣りの根掛かり解消法!無理に竿を立てるよりも効果的な方法とは

磯釣りの根掛かりをしてしまった時には竿をたてるのではなく、逆に糸を出して魚に動いてもらって根掛かりを解消してもらうという事をすると良いでしょう。

これは魚がかかっていて、その動きにによって磯に糸がかかってしまったというような時に効果的に機能することがあります。

これは魚を引き寄せている段階で磯に近づいたことによって起きたことだと考えられるので、魚に元居たところに戻ってもらうという事で解消することになるからです。

磯釣りで効果的な根掛かり解消法

磯釣り 根掛かり

魚がかかっていないときであれば、竿を横にして角度を変えるという事をするようにしましょう。

力が緩むようなところがあれば、そこが抜けられる可能性があるところということになります。

ですから、糸を軽く引きながら左右に歩いてみるというのも良いかもしれません。

糸を巻き上げている時に根掛かりになったということは、そのまま巻き上げていると、ますます絡む方向になる可能性が高いのです。

絡んだと感じた段階で、左右に竿を振って力が抜けそうなところを探すという事をします。

この時に力いっぱい引っ張るということは避けましょう。

糸が切れてしまう可能性が高いので力任せというのは厳禁です。

ハリが磯に刺さっているような場合にはかなり難しいことになりますが、斜めに刺さっているような場合であれば、力の方向を変えるという事で、これを避けることが出来るようにもなるということになります。

竿をたてて見ても方向は変わらないわけですから、自分の方向に糸を手繰り寄せている時に絡んだものは、その方向ではなかなか取りにくいという事を考えておく必要があります。

力任せに根掛かりを外そうとするのは厳禁

魚がかかっている時でもこれは言える事ですが、今の方向で巻き上げているとその引っかかっている物が食い込んでいくだけという事になる可能性が、極めて高くなります。

そうなると、磯を引き抜くか、糸が切れるのかというようなところまでの力勝負となってしまう事になるので、これだとまず糸を切るしかなくなってしまいます。

軽い根掛かりの場合は、力の方向を変えてあげるという事で脱出することが出来る事が多いのは、向きが問題になっているからです。

結局は根掛かりの状態によって、どうすれば抜けるのかはちがうわけですが、水の中が見えるというわけではありません。

一番可能性の高い力のかかる向きを変えるという事をするのが一番で、しかもそれは出来るだけ早くにいろいろな方向に変えてみるという事をするのが効果的な方法という事です。

\ SNSでシェアしよう! /

磯釣りマガジンの注目記事を受け取ろう

磯釣りの根掛かり解消法!無理に竿を立てるよりも効果的な方法とは

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

磯釣りマガジンの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 磯釣りで魚が釣れなかったときに、再度確認したい3つのこと

  • 磯釣りと投げ釣りの違いって?道具や釣れる魚の違いとは

  • これだから磯釣りはやめられない!磯釣りにある3つの魅力

  • 激うま!磯釣りでしか味わえない磯の高級魚3選とその釣り方