1. TOP
  2. 磯釣りグッズ
  3. 磯釣りに使う靴はこんなものがオススメ!磯釣りに適した靴の特徴とは

磯釣りに使う靴はこんなものがオススメ!磯釣りに適した靴の特徴とは

 2018/09/04 磯釣りグッズ  
磯釣りに使う靴はこんなものがオススメ!磯釣りに適した靴の特徴とは

釣りはしっかりとした装備で臨むことが大切です。

特に磯は危険が多く潜んでいるため、万全の装備をする必要がありますが、中でも靴は大切になります。

というのも磯はごつごつとしていて歩きづらいだけでなく、海水で濡れていてすべりやすいという特徴があります。

では、磯釣りで着用するのはどのような靴がおすすめなのでしょうか。

まず、やってはいけないのが、専用のもの以外で代用することです。

確かに磯釣りだけのために靴を用意するのは億劫に感じるかもしれませんし、専用のものはほとんど釣りメーカーから発売されているので、選択肢が少ないということもあります。

しかし、もしも磯で足を滑らせて海に落ちてしまうと波にさらわれてしまう心配もありますし、簡単に陸に戻れない場所も少なくありません。

ですので、まずは必ず専用のものを着用しましょう。

磯釣りに使う靴の特徴

なお、磯釣りの靴の特徴ですが、最も大きなポイントはソールにあります。ソールは大きく分けるとフェルト製とスパイク製に分けられます。

フェルトソールの靴

まずフェルト製の特徴ですが、どのような場所でも比較的歩きやすくグリップ力があります。

しかし苔や海藻が生えているような特に滑りやすい場所ではグリップ力が劣るという欠点があります。

スパイクソールの靴

次にスパイク製ですが、ラバーでできたソールに金属製のピンが備わっています。

スパイク製はごつごつとした岩場などであれば苔などが生えていてもピンがしっかりと岩場をホールドするので、滑りにくいという特徴があります。

しかしながらその反面、凹凸の少ない場所ではピンが地面をホールドできないというデメリットがあります。

それぞれのメリットとデメリット

実際に磯釣りに行った際、地磯の場合は途中までテトラポットを通らなければならないことも少なくありませんがスパイク製だとテトラポットを歩くのが恐いと感じます。

この他にもフェルトとスパイクを合わせたソールもありますが、それぞれのメリットとデメリットを中和したような特徴です。

個人的には磯釣りをするのであればスパイク製のものがおすすめです。

というのもフェルト製ではやはり、滑りやすい場所では不安を感じることが少なくありませんし、釣りに集中できず楽しめないという場合もあります。

なお、意外と気をつけないといけないのが、ピンの素材です。

特によく釣りをする人であればピンはすぐに摩耗してしまいますので、タングステンなど強度の高いものがおすすめです。

最近ではライフジャケットを身に着けている人をよく見かけるようになりましたが、まずは海に落ちないことが大切ですので、靴はしっかり選びましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

磯釣りマガジンの注目記事を受け取ろう

磯釣りに使う靴はこんなものがオススメ!磯釣りに適した靴の特徴とは

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

磯釣りマガジンの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 寒い時期もこれでOK!磯釣りにオススメの防寒対策グッズ

  • 磯釣りでクロダイを釣りたい!はじめての1匹を釣るためのオススメ装備

  • 【必携】磯釣りで必ず持っていきたい装備一覧

  • 磯釣りに便利なタモのちょうどいい長さや重さ、基準はコレ!

  • 磯釣り初心者にオススメな竿の選び方

  • 磯釣りに使うウキにはどんな種類があるの?それぞれの特徴とともに紹介